FXを体験してみて感じたこと

私は長年FXについて名称は知っていましたが、実際投資してみようとは思いませんでした。というのもテレビや雑誌の特集でFXは頻繁に組まれていますが、必ずFXで借金をした人が居ることを紹介されています。しかもその借金も何千万という単位ですから、安月給の私には無関係の世界だと思っていました。ですからパチンコなどの手軽なところでお金を使っていました。

しかしある日、会社の同僚がFXを始めました。私の同期で決して金銭面に余裕はなさそうなので、どうしてFXができるのか聞きました。そして彼の説明によって私はFXを始めることを考えたのです。とりあえず同僚の言葉が真実か家でネットを使って調べてみました。するとたしかに投資金は少なくてもできるようでした。それに借金ができることもかなり大袈裟に書かれていることがわかりました。

当時はアベノミクスで騒がれており、FXを始めるなら今しかないと思いました。そこで100通貨から始められるマネーパートナーズの口座を開設しました。おおよそ一週間程度で取引を開始できました。

前述した通り私は安月給ですし、どの程度のものか不明瞭ですから、まずは10000円入金してみました。初心者にオススメとされるドル/円で取引を始めたのですが、正直驚きました。というのも私は内心10000円なんてあっという間に無くなってしまうのだろうと覚悟していたのです。

しかし、値動きの激しい時間帯でも緩やかな時間帯でもせいぜい数百円程度しか増減しません。レバレッジを25倍まで利かせたところで、1日放置しても千円程度しか動きませんでした。拍子抜けとはこのことで、これではまるで子どもの遊びに変わりません。

で、マネーパートナーズのFXnanoはスプレッドがドル/円の場合は0.3で固定しています。ですからその後私は10万円まで投資金を増やしましたが、スプレッドに関しては気にならず、そして10万円でレバレッジを利かせてようやく万単位の増減になったので今ではそのレートで投資しています。

結局、FXを体験したことで間違いなく言えることは、大金を賭けない限りはそうそう借金ができることはないことでした。そして投資金があまりに少ないと本当に数百円程度しか増減しないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>